ドリテックSL-122目覚ましライトとインティを比較

ドリテックSL-122とinti SQARE(インティ スクエア)を比較

 

ドリテックの目覚ましライト「SL-122」と、
ムーンムーンの「inti SQARE(インティ スクエア)」を比較します。

 

 

価格を比較

 

ドリテックSL-122は6,980円。
inti SQAREは25,800円(ともに税込)。

 

価格面では、はるかにドリテックSL-122の方が安いです。

 

 

効果を比較

 

明るさは、ドリテックSL-122が2,000ルクス、
inti SQAREが20,000ルクスです。
inti SQAREがドリテックSL-122の10倍明るいということになります。

 

ドリテックSL-122では、光の強さが足りないと思います。
以下のような口コミがありました。(引用元:amazon.co.jp)

スタンドくらいの光量です。。
普通のスタンドとしてはお洒落でいいですが・・
時計もついてるし・・
でも朝日をイメージしてたので・・
普通のスタンドライト並みの光しかなく
残念です。。

 

悪く言えば、ドリテックSL-122は
タイマー付きのスタンドライトといった感じでしょうか。
この光では起きれない人も多いと思います。

 

効果の面では、圧倒的にinti SQARE(インティ スクエア)が上回ります。

 

 

機能を比較

 

機能はどちらも同じような機能がついています。

 

  • 光の強さを段階的に調節する機能
  • 起床時刻の30分前から徐々に明るくなる機能

など基本機能は同じです。

 

ただ、ドリテックSL-122は普通のスタンドライトとしても利用できます。
寝る前の読書灯としても使えますね。

 

そういう意味では、ドリテックSL-122の方が機能面ではやや上かもしれません。

 

 

デザインを比較

 

ドリテックSL-122はデスクライトのような見た目。
inti SQAREは小さいデジタル時計のような見た目です。

 

大きさは全然違います。

 

ドリテックSL-122は普通のデスクライトと同じくらいの大きさがありますので、
寝室におけば、少々目立ちます。
一方、inti SQAREはiphoneと同じスマホサイズなので、
枕もとにおいても全く違和感ありません。
小さいので持ち運びも便利ですね。

 

デザインでいえば、inti SQARE(インティ スクエア)の方が優れています。

【結論】どちらがいいか?

 

ドリテックSL-122

75点/100点

inti SQARE(インティ スクエア)
ウェイクアップライト
90点/100点


 

総合評価でいえば、inti SQARE(インティ スクエア)の方が上になりました。

 

ドリテックSL-122の最大のメリットは、値段の安さです。
光目覚まし時計は色々ありますが、どれも2万円以上するのものが多いです。
その点、ドリテックSL-122は7千円という破格の値段で
購入できるため、とっつきやすいと思います。

 

しかし、やはり効果は値段相応です。
ドリテックSL-122はinti SQAREの10分の1程度の光量しかないため、
これでは朝起きれない可能性があります。
効果がなければ、お金をドブに捨てるようなもの。

 

効果を第一に考えるなら、inti SQAREでしょう。

 

inti SQAREの唯一のネックは値段ですが、
万が一、3カ月間使ってみて効果がなければ全額返金してもらえる制度があります。
つまり、お金を損するリスクはないということです。
少なくとも1度試してみる価値はあると思います。

 

 

>>光目覚まし時計inti SQARE(インティ スクエア)はこちら