光目覚まし時計PER3とインティを比較

PER3とinti SQARE(インティ スクエア)を比較

 

海外製メーカーの光目覚まし時計、ネイチャーブライト社の「PER3」。
対して、国産メーカーの「inti SQARE(インティ スクエア)」。

 

はたしてどちらが良いのか?比較してみました。

 

 

価格を比較

 

ネイチャーブライトのPER3は23,000円(Amazon価格)、
inti SQARE(インティ スクエア)は25,800円(ともに税込)。

 

2千円程度の差ですが、PER3の方が価格は安いです。

 

 

効果を比較

 

明るさはPER3が13,000ルクス、
inti SQARE(インティ スクエア)が20,000ルクスです。
数値でみれば、inti SQARE(インティ スクエア)の方が1.5倍明るいことになります。

 

私は、PER3もinti SQAREも両方使ったことがありますが、
明らかにinti SQAREの方が明るいと感じました。
PER3は”ちょっと眩しい電気スタンド”程度の明るさなので、
起床時刻になっても目が覚めないことがありました。
しかし、inti SQAREは、朝日のように眩しいので、
しっかり目覚めることができます。

 

inti SQARE(インティ スクエア)の方が効果は高いといえます。

 

 

機能を比較

 

どちらの時計も、いきなり光るのではなく、
ジワジワと明るくなるように設定できます。
(いきなりピカッと光るとびっくりするので、この機能は必須だと思います。)

 

また、二度寝防止のアラーム機能も付いています。

 

表面的な機能だけでみると、大差ないように思われます。

 

 

しかし、実際には使い勝手には大きな差があります。

 

PER3はとにかく使いにくいのです。
設定をするのに、何回もボタンを押したり、長押ししなければいけません。
これが超面倒でイライラします。
そもそも英語の説明書しか付いていないので、
英語が読めない場合は、手探りで使い方を覚えなければいけません。

 

一方、inti SQAREは、さすが国産メーカーだけあって、
操作方法もシンプルで使いやすいです。

 

機能には大差ないものの、使いやすさではinti SQARE(インティ スクエア)の方が上です。

 

 

デザインを比較

 

PER3は電気スタンドのようなデザインです。
結構大きく、場所を取りますし、あまりスタイリッシュとはいえません。

 

一方、inti SQAREは、iphoneと同じくらいの大きさで、
非常にコンパクト。
寝室においても違和感ありません。

 

inti SQARE(インティ スクエア)の方がデザインは良いですね。

【結論】どちらがいいか?

 

ネイチャーブライトPER3

65点/100点

inti SQARE(インティ スクエア)

95点/100点


 

ネイチャーブライトPER3とinti SQARE(インティ スクエア)を比較した結果、
総合評価ではinti SQARE(インティ スクエア)の方が上になりました。

 

私は両方を使用したからわかるのですが、
正直PER3は使いものになりません。
照明が弱くて起きれないし、操作がややこしくストレスが溜まります。

 

一方、inti SQAREは操作がわかりやすく、
しっかりとした光で気持ち良く目覚めることができます。

 

3カ月使用して効果がなかった場合は全額返金してもらえることからも、
inti SQARE(インティ スクエア)をおすすめします。

 

 

>>光目覚まし時計inti SQARE(インティ スクエア)はこちら