inti SQARE(インティ スクエア)とフィリップス・ウェイクアップライトを比較

inti SQARE(インティ スクエア)とフィリップス・ウェイクアップライトを比較

 

 

光目覚まし時計inti SQARE(インティ スクエア)とフィリップス・ウェイクアップライトを比較します。

 

 

 

価格を比較

 

光目覚まし時計inti SQARE(インティ スクエア)は25,800円、
フィリップス・ウェイクアップライトは24,500円(ともに税込)。

 

価格はわずかながらフィリップス・ウェイクアップライトの方が安いです。

 

 

 

効果を比較

 

明るさはinti SQARE(インティ スクエア)が20,000ルクス、
フィリップス・ウェイクアップライトが300ルクスで、
inti SQARE(インティ スクエア)の方が圧倒的に上です。

 

 

inti SQARE(インティ スクエア)はがっつり目を覚ますくらいの眩しさですが、
フィリップス・ウェイクアップライトは、良くも悪くもベッドランプといった感じ。

 

光が弱いので、目覚まし時計としてはちょっと役不足です。

 

 

inti SQARE(インティ スクエア)の方が効果は高いでしょう。

 

 

 

機能を比較

 

inti SQARE(インティ スクエア)には
起床時間の30分前から徐々に明るくする「サンライズ機能」があるのですが、
フィリップス・ウェイクアップライトにも同じ機能があります。

 

私はいきなりピカッと光って起こされるよりも、
ジワジワ明るくなって起こされる方が好みなので、これは嬉しい。

 

 

また、両方とも、起床時刻に音を鳴らす機能が備わっています。
inti SQARE(インティ スクエア)は、しっかりとしたアラームが鳴ります。
一方、ウェイクアップライトのアラームは
音量が小さめなので、使いものにならないです。

 

二度寝をせずに確実に起きたいなら、
inti SQARE(インティ スクエア)がいいですね。

 

 

(追記)
また、フィリップス・ウェイクアップライトは説明書が英語のみなので、
使い方を覚えるのが大変です。

 

 

 

デザインを比較

 

inti SQARE(インティ スクエア)が置き時計のようなデザインなのに対し、
ウェイクアップライトは球状ベッドライトのデザイン。

 

好みの問題ですが、私はウェイクアップライトのデザインの方が好きですね。

 

 

【結論】どちらがいいか?

 

inti SQARE(インティ スクエア)
inti SQARE(インティ スクエア)
90点/100点

フィリップス・ウェイクアップライト
ウェイクアップライト
80点/100点


 

inti SQARE(インティ スクエア)とフィリップス・ウェイクアップライトを比較した結果、
総合評価では、inti SQARE(インティ スクエア)の方が上になりました。

 

ウェイクアップライトは世界的メーカーのフィリップスが手がけたものだし、
デザインも私好みですが、肝心の照度が弱めなのがネックです。

 

効果を期待するなら、inti SQARE(インティ スクエア)でしょうね。

 

 

>>光目覚まし時計inti SQARE(インティ スクエア)はこちら